interior zakka shop
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< リノベ女子 | main |
直島

は  と気付いたらもう1ヶ月経ってた。

 

涼しくなってきましたね。

先日、仕事のお休み取って「直島」へ日帰り旅行行ってきた。

瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

前からすごく行きたくてタイミングを見計らってたら

出た。 通常ではない姫路港からの直通便ツアー。

どんなに忙しくても、これに行かないと後悔すると思って即申し込んだ。

 

あえて一人で行ったけど正解。

アートは一人で見ないとちゃんと入ってこない。

だからなお感動もひとしお。

 

 

まずは行きの船(漁船のごとく小さいチャーター船)の中で腹ごしらえ。

 

この漁船風の船にこの太巻き。

北島三郎が頭から離れない。

 

揺られ揺られて2時間で着いた。

港では色んなアートがお出迎えしてくれる。

 

 

ガラス張りのフェリーポートの直線美がまたかっこいい。

 

 

今回最大のお目当、この島で一番人気の地中美術館ではもちろん撮影禁止。

しかも地中に埋もれているから外観も撮影できず、

全く庭に興味もないくせに美術館途中にあるモネ風の庭を撮影。

でも直接見て感動できる空間だからこそ

写真に収めて後で見ても幻滅しそう。

写真では分からない感動があるからね。

 

美術館は本当に良かった。

本当に。

非日常っていいね。

安藤忠雄さんの建物はやっぱいいね。

今回もまたRCマニアのよっさんは

誰も居ない所でコンクリートに頬ずりして帰ってきた。

お客様困ります。

あ すみません。マニアなもので。

 

安藤建築を見に来ている外国人が多く

あちこちから「アンドゥーン」「アンドゥーン」と聞こえてきたのが

村上ショージっぽくて面白かった。

 

島全体のアートを見つくして

 

 

でもツアーで船の出港時間があった為、

全部回り切れなかったのが心残りだったけど

日帰りで来られた事に大満足。

現地の沢蟹に別れを告げて帰って来た。

 

本当によく歩いてよく感動した一日だった。

 

疲れてないよ。全然。

ただ、当日は1日中雨だったくせに

翌日に快晴の中出勤したのがどーにもこーにもしゃくだった。

 

今度はどの「アンドゥーン作品」を見に行こうかと企み中。

 

 

 

 

 

 

16:43 おでかけ comments(0) trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.cavo1.com/trackback/694
TRACKBACK